空色

雲のようにゆっくりと一日一言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【人】警視庁捜査1課長に就任 若松敏弘さん(57)(産経新聞)

 あの日を鮮明に記憶している。平成13年9月1日、東京・歌舞伎町のビル火災で44人が命を落とした。

 当時は新宿署刑事課に勤務。署に泊まり込むことが多かったが、8月31日は久しぶりに帰宅していた。だが布団に入った瞬間、動揺した署員からの電話でビル火災を告げられた。

 タクシーに乗って署に急いだが、5人、10人と増える死者。署員を集めて、遺体の身元確認を仕切った。昭和60年、520人が犠牲となった日航ジャンボ機墜落事故でも、バラバラになった遺体の身元確認に携わった。遺族に「見つかっていない遺体の一部を探すため」と頼み、照合するための毛髪をもらった。

 「刑事とは被害者の痛みを分からないといけない。何が何でもホシをあげる信念を崩さない」。悲惨な現場を踏み、確固たる刑事像を持つ。

 刑事生活、31年。知能犯を捜査する捜査2課が長く、平成15年には福島県二本松市長による収賄事件の捜査を指揮した。前任の更迭を受けた急遽(きゅうきょ)の登板。捜査1課勤務は初めてだが、気負いはない。「1課には1課魂という情熱にあふれた刑事が多い。私も刑事。着実に結果を出す」

 世田谷一家4人殺害、八王子スーパー強盗殺人など重要未解決事件への思い入れは強い。鑑識課長時代から現場に足を運び、捜査資料を読み込んできた。「必ず糸口とか、見落とした物証があるんじゃないかと思っている。あきらめずに解決したい」 (高久清史)

【関連記事】
雑居ビル火災 生かされなかった教訓
歌舞伎町ビル火災 44人の冥福祈り献花
大阪パチンコ店火災 定期点検報告怠る
パチンコ店火災 過去にも相次ぐ大規模火災 施設側の責任問題のケースも
教訓にスプリンクラー強化 あの長崎屋火災20年…隊長定年

「低燃費タイヤ」表示制度スタート 車体だけじゃなく、足回りもエコ(産経新聞)
79社の談合を認定 岩手の公共工事で公取委(産経新聞)
<足利銀行訴訟>元専務に18億円支払い命じる 宇都宮地裁(毎日新聞)
「関西一の女相場師」に懲役2年8月の実刑判決 大阪地裁(産経新聞)
鳩山邦夫氏、与謝野元財務相らと短時間会談(読売新聞)
スポンサーサイト
  1. 2010/03/25(木) 00:20:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<衆院外務委員会参考人質疑(東郷和彦元外務省条約局長意見陳述)(産経新聞) | ホーム | 米次官補来日中止、関知せず=鳩山首相(時事通信)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://h6zhau0jcqhxrc.blog100.fc2.com/tb.php/70-94340c21
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。