空色

雲のようにゆっくりと一日一言

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新型の傾向に変化なし―厚労省が疫学情報を更新(医療介護CBニュース)

 厚生労働省はこのほど、新型インフルエンザの発生動向に関する「医療従事者向け疫学情報」(第3版)をホームページ上で更新した。1月に続く更新で、厚労省の新型インフルエンザ対策推進本部が、昨年夏から今年3月下旬までの約8か月間のデータを分析した。同省の担当者は、「今回もこれまでの傾向と変わらなかった。全体の状況がほぼ把握できたので、大きな変化が起こらない限り、アップデートはこれが最後になる」としている。

 自治体を通じて3月23日までに厚労省に報告された198件の死亡事例を分析した結果、発症から死亡までの平均日数は9.5日で、1月に公表された前回の推計(昨年12月6日までに報告)より2.3日に長くなった。しかし、入院から死亡までの期間が平均7.4日と短いことから、同省では前回と同様、「発症後に短期間で入院し、早期で亡くなっているという臨床経過が分かる」としている。
 198件の死亡事例を年代別で見ると、15歳未満が38件、15歳以上65歳未満104件、65歳以上56件。発症から死亡までの各年代の平均日数は、15歳未満が6.6日(前回5.4日)、15歳以上65歳未満9.7日(同7.7日)、65歳以上11.2日(同8.3日)で、いずれも長くなり、15歳未満の経過が早い傾向が見られた。全体の85.3%にあたる163件で、抗ウイルス薬が投与さていた。

 主治医の報告に基づく死因は、15歳未満では脳症・脳炎(29.0%)がトップで、以下は肺炎(16.0%)、多臓器不全、心筋炎(いずれも11.0%)の順。一方、15歳以上65歳未満と65歳以上は、肺炎が共に40%以上を占めた。死亡した65歳以上の94.6%が基礎疾患を持っていた。

 死亡例のデータについては、前回の100件からほぼ倍増したものの、入院患者では、▽基礎疾患を持つ場合に重症化しやすく、特に20歳以上でその傾向が強い▽発症から死亡までの日数は、年齢によって幅があり、15歳未満の経過が早い―と、これまでと変わらない傾向が見られた。同省では、「新たな流行の波が発生する可能性はあるものと考え、対策を継続する必要がある」として、引き続き注意を呼び掛けている。


【関連記事】
15歳未満、より早い経過で死亡―新型インフル
医療従事者向け疫学情報を公表―新型インフルで厚労省
インフル定点報告数は微増
新型インフル対策の検疫、休校で議論―厚労省総括会議
タミフル半減で国内売上高9%減―中外

鳩山首相「小沢幹事長には頑張っていただく」(産経新聞)
<サッカーW杯>ツアー業者と連絡取れず 相談相次ぐ(毎日新聞)
調布市の携帯納付 市税全体に拡大へ(産経新聞)
<訃報>中林増美さん83歳=元全日本不動産協会理事長(毎日新聞)
<潮干狩り>初夏の陽気のなか3万人楽しむ 横浜(毎日新聞)
スポンサーサイト
  1. 2010/05/06(木) 09:46:20|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<車に手接触させ事故偽装=詐欺容疑で31歳男逮捕―警視庁(時事通信) | ホーム | 対馬軍事化時代の証し、戦時中の陸軍標石確認(読売新聞)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://h6zhau0jcqhxrc.blog100.fc2.com/tb.php/86-8f22f6b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。